画質の良し悪しは容量で決まる?写真を保管する記録媒体の選び方

写真をキレイに保管する主な方法

撮影した写真のデータは高画質で保管すると画質が良く、プリントした時もキレイになります。写真を高画質で保存する場合には、写真1枚のデータ量が大きくなり重くなるので注意が必要です。撮影した写真をパソコンで保存する人も多いですが、高画質で保存する際にはパソコンの容量を圧迫することが多いので気をつけましょう。パソコンの容量を使用しすぎると動作が遅くなったり、新しいデータを保存できなくなってしまいます。保存したい写真が多い場合には、外付けのハードディスクを使用するのも一つの方法です。外付けハードディスクは大容量なので、高画質の写真データを撮ったままのサイズで保存することができます。

またはクラウドストレージに保存する方法もあります。ただしサービスによっては有料であったり、保存の際にサイズダウンする場合もありますので事前に確認しましょう。

おすすめの記憶媒体の選び方

写真のデータを画質が良いままで保管したい場合には、どのくらいの量の写真を保存したいのかによって記憶媒体を選びましょう。写真の量が少ない場合には、USBメモリーやメモリーカードで保存するのが手軽です。写真の量が多い場合には、外付けのハードディスクを活用するとコストをかけずに保存することができます。ただし、どちらの場合にも大切な写真はデータの破損に備えてプリントしたり、他の場所にもコピーをとっておいたりなどの対策が必須です。データは永遠ではありません。ふとしたトラブルで全部消えてしまうということもありえます。後から「バックアップしておけばよかった」と後悔をしないためにも、バックアップはこまめに行いましょう。