思い出の一枚を綺麗に残したい!画像データ保管に適した端末選びと注意点

ハードディスクの利点と問題点

スマホやデジカメで撮影した写真を整理せずにそのままにしている人は結構いて、あまりたまりすぎると整理が大変になるので注意が必要です。スマホやデジカメが故障すると写真も見られなくなる可能性があるので、定期的に別の場所に整理をしながら保管するようにしましょう。大量の画像データを自宅で保管するのにいいのがハードディスクで、パソコンに内蔵しているものもあればパソコンに外付けするタイプもあります。利点は保存容量が多くてアクセススピードの速いところで、高解像度の写真がたくさんあっても簡単に検索でき表示もしやすいでしょう。問題としてはハードディスクは永久に使い続けられない点があります。ハードディスクが故障すると大量の画像データを一気に失う可能性があるので、できれば閲覧用とバックアップ用のハードディスクを用意した方がいいでしょう。

複数の人と共有したいとき

家族で撮影した写真なら自宅内で家族だけで見られれば良いでしょう。でも写真には家族以外のものもあり、友人同士や会社の同僚同士、その他何らかのサークル活動の仲間同士で撮影した写真があるかもしれません。撮影した画像データを複数の人同士で共有するのに適しているのがクラウドです。ネット上に用意されたデータ保存領域で、利用者同士でアクセス権を共有しておけばいつでもとこからでも画像データが見られます。クラウド上に保存する利点としてはハードディスクのように故障によるデータ消失の可能性が少ないところでしょう。その他複数の人に画像データを配布するのに適しているのがDVDやCDへの保存です。ネット利用ができない人と画像データを共有したいときに利用すると良いでしょう。