アルバム選びはページ数やサイズの確認が重要

アルバムは大きければ良いワケではない!

写真の残し方として未だ根強い人気を誇るフォトアルバム。写真をいつでも気軽に見返せて、いつまでもカタチとして残しておけるフォトアルバムは、大切な思い出を振り返るためには欠かせないアイテムです。そんなフォトアルバムですが、アルバムを選ぶ際にはいくつかの注意点があることを知っていますか?その中でも、アルバムのサイズの確認は忘れてはいけない重要なポイントです。よく、写真をたくさん載せるために1辺のサイズが30センチを超えるような大判のアルバムを購入する人がいますが、このような大きなアルバムは持ち運びしにくく、本棚に一度しまうと取り出すのが億劫になるという難点があります。そうならないためにも、アルバムを選ぶ際には持ち運びやすさや見やすさにも着目することが重要になるのです。

アルバムのテーマに合わせてページ数を選ぼう!

フォトアルバムを選ぶ際には、アルバムのページ数にも気を付けなければなりません。あまりにページ数が多いと使い切れない可能性もありますし、逆にページ数が少ないと載せたい写真を載せきれないことも考えられます。そんな失敗をしないためにも、アルバムを購入する前にはどんなアルバムにするのかテーマを決めておくことが重要です。 例えば、子どもの成長記録を綴るアルバムにするのなら、ページ数が多いに越したことはありません。逆に、旅行中に撮った写真をまとめたアルバムを作るなら、無駄にページ数が多いと中身がスカスカなアルバムになってしまう恐れがあります。また、ページ数が多いと別に載せなくても良いような写真を載せてしまい、内容の薄いアルバムになることもあるでしょう。良いアルバムを作るためにはしっかりとテーマを決めて、それに見合ったページ数のアルバムを選ぶことが大切です。